函館旅行レポ~夏休み、北海道新幹線にて。





去年の8月中旬に北海道・函館を訪れました。

かなり今更感あふれますが、一年経ってしまう前に旅行記を書いておこうと思います。

東京~函館

開通したばかりの北海道新幹線で東京から新函館北斗まで行きました。

2031年には札幌まで延長されるようで楽しみですね。

f:id:kanakonakonako:20180623104526p:plain

wikipediaより

新幹線車内での写真を撮り忘れてしまったのですが、普通車両なのに他新幹線のグリーン車並みの高級感・揺れの少なさで驚き。トイレも快適すぎてびっくりしました。

終点の新函館北斗駅からは、「はこだてライナー」で函館駅まで移動する必要があります。

函館につくとあいにくの曇り空でした。お昼は既に済ませていたので、荷物をホテルに預け五稜郭へ。

ちなみに宿泊したホテルは「ホテル法華クラブ函館」です。お部屋は少しコンパクトでしたが、朝食のバイキングと大浴場にとても満足でした。

travel.rakuten.co.jp

五稜郭

歴史

江戸時代の長きにわたる鎖国と、その後の開国の歴史はご存じでしょう。その開国の際に開かれた港の一つが、箱館(函館)港でした。それに伴い、箱館奉行所が函館山の麓に開かれたのですが、その移転先として作られたのが五稜郭です。

しかし、完成の二年後に江戸幕府が崩壊。箱館府が使用したのはほんの短期間でした。その後、新選組副長の土方歳三率いる旧幕府軍がここを拠点にし、幕末最後の死闘を演じたのは有名ですね。

夏の五稜郭

地上から見た五稜郭タワーです。

f:id:kanakonakonako:20180623122955j:plain

五稜郭タワーは、五稜郭築城100年を記念して1964年に建造されたものです。現在のタワーは2代目で、2006年につくられました。

タワー上部の展望台に上ると、五稜郭が見渡せます。

f:id:kanakonakonako:20180625095421j:plain

アクセス

JR函館駅のロータリーから出ている函館市電に乗ります。

「五稜郭公園前」で下車して、道なりにまっすぐ歩くと到着します。

 

函館山頂の夜景

五稜郭の景色を堪能したあと、夕暮れも近づき函館山頂に向かうことにしました。しかし、あいにくの天気でロープウェイが運転休止。函館駅前から出ているバスで向かうことに。

夏季の混雑時+ロープウェイ休止の影響で、バスはものすごく混んでいましたが、なんとか山頂に辿り着けました。

人の垣根をかき分けて、夜景の撮影に成功。

f:id:kanakonakonako:20180625101749j:plain

うーん、すごい素人撮影で申し訳ないです。

プロが撮った函館の夜景(フリー素材)がこちら。

f:id:kanakonakonako:20180625102006j:plain

とはいえ、やはり夜景は写真では伝わりづらいので、一度実際に足を運ぶことをおすすめします。

函館山頂への行き方

山頂への行き方は、主にロープウェイ・バス・マイカー(レンタカー)の三種類です。

ロープウェイはかなり天候に左右されます。これが休止しているときは、バスが激混みになるので気をつけましょう。

また、夏季の混雑時はマイカーでの来山ができなくなります。

交通事情が少し複雑なので、事前にチェックをした方がいいでしょう。

はこだて塩らーめん「しなの」

夜景を見た帰りに、函館駅前の「しなの」で塩ラーメンを頂きました。

f:id:kanakonakonako:20180625102736j:plain

らーめんは醤油派なのですが、塩派に寝返ってしまいそうなほどおいしかったです。しょっぱ過ぎず、具もほろほろと柔らかくて驚きました。

駅から見えるほどアクセスがいいので、函館にお越しの際は是非足を運んでみてください。

函館元町ガラス工房

翌日、函館界隈を散策することにしました。

この日最初に行ったのは「元町ガラス工房」。実は事前に工芸体験の予約をしていて、めちゃくちゃ楽しみにしていました。

www.hakobura.jp

いくつかコースがあるうちで、アクセサリー体験コースを指定。お店を切り盛りしている函館マダムと他愛無い話をしながらデザインを考えます。

私はイヤリング、夫はネックレスを作成。

センスがなかなか問われます。色によっては重ねてはいけない組み合わせもあるので、注意しなくてはなりません。

デザインを決めたら、あとはお店の方におまかせ。約1時間半ほどで出来上がるので、その間は近くを散策していました。

ちなみに出来上がりはこんな感じになりました。今でも愛用している逸品です。

f:id:kanakonakonako:20180625111742j:plain

アクセス

JR函館駅から函館市電にて「末広町」下車、徒歩3分ほどです。近くに北島三郎さんの記念館があります。

 

函館市街

函館八幡坂

f:id:kanakonakonako:20180625105451j:plain

ここに来ると函館に来たって感じがしますね。どんな天気でもここは写真映えするスポットです。

ただし傾斜がきついので、動きやすい服装で行った方がいいですね。

船玉神社

f:id:kanakonakonako:20180625111914j:plain

神社の写真を撮り忘れる痛恨のミス……。

八幡坂を上がった先に位置しています。北海道最古の神社で、源義経を津軽海峡の海難から助けて導いたという伝説があります。

函館護国神社

f:id:kanakonakonako:20180625105331j:plain

縁結びにご利益がある神社です。元々は、箱館戦争終結後に慰霊者を鎮魂したのがはじまりと言われています。

こちらも八幡坂のかなり高いところにあるため、行くのが大変でした。

f:id:kanakonakonako:20180625112401j:plain

金森赤レンガ倉庫

函館と言えばここといった印象が強いでしょう。倉庫の中はショッピングモールになっており、周辺にレストランやファストフードもたくさんあります。

f:id:kanakonakonako:20180625110315j:plain

夜になるとライトアップされて綺麗です。とくにスタバ函館ベイサイド店から見る港は素晴らしかったので、ここは絶対に外せません。

f:id:kanakonakonako:20180625110627j:plain

スタバの前で子猫がうろうろしていました。にゃーん。

夏場の北海道はとてもオススメです。

北海道新幹線の開通で行きやすくなったので、ぜひ足を運んでみてください。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です