独学でTOEICスコアを455→905!私が使った参考書リストと勉強法

 

こんにちは、資格マニアのオトメです。

今回は、大学入学以前TOEICのスコアが500もなかった私が、約2年の独学でスコア900まで上げた話です。

TOEIC用の予備校やセミナーなどには一切通っていません。

追記
800を超えてから900に達成するまでには、Z会の通信講座を使いました。完全独学というには微妙なところ……?

【夢のスコア900へ】Z会TOEICテストadaptieを使ってみた感想!

時系列順で、自分に合うテキストを試行錯誤した経過も載せています。

 

オトメ

2018年9月現在でのスコアはこんな感じです。300UPどころか450上がっちゃいましたね…。

ほぼ倍のスコアになりました。

 

 

これからTOEICを始める方、スコアが伸び悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

TOEICスコア450UPのために使用してきた参考書

 

それでは、使用してきた参考書を時系列順で挙げていきます。

 

TOEICスコア 600未満時代の参考書

入学してすぐに受けさせられたTOEICの結果にショックを受けた私でしたが、何故か英語のクラス分けは上から4クラス中2番目でした。

うちの大学どんだけ英語レベル低いんだと一瞬思った

そして、大学の生協で一番最初にとった本が、これ。

 

TOEIC TEST TARGET600/900シリーズ (Jリサーチ出版)

 

このシリーズはリスニング以外に英文法、長文読解、英単語・熟語など全てのジャンルを網羅していて、「TARGET 600」「TARGET 900」と目標スコア別に分かれています。

私はリスニングが得意だったので、張り切って「TARGET600」と併せて「TARGET900」も購入。

ただ、英単語・英熟語、長文読解などの「TARGET900」はすでにある程度スコアがないと消化不良になる恐れがあります。

試行錯誤した今だからこそ気付いたのですが、後述の特急シリーズの方が解説が詳しく、英語が苦手な人には敷居が低いかもしれません。

 

 TOEICテスト 書き込みドリル スコア600シリーズ

 

スコアが上がらず辛いときだったので、絵の多いテキストで楽しみながら勉強していました。

f:id:kanakonakonako:20180731113255j:plain

 (画像出典:TOEIC®テスト 書き込みドリル スコア650 : にった)

とくに学生の場合、ビジネス周辺の用語に関してはイメージが沸きづらいことも多いでしょう。

ですが、イラスト解説があると記憶も定着しやすく、TOEICによくあるシチュエーションのパターンを覚えることができます。

 

TOEIC スコア600~700時代の参考書

 

この頃になると多少はTOEICに慣れてきましたが、まだ英語学習に少し苦を感じていました。

 

TOEIC TEST 特急シリーズ

 

入学してからというもの、憑りつかれたようにTOEICの勉強をしていました。

そのお陰で7月に大学で受けさせられたTOEIC-IPでは600近くをマーク。

ですがリーディングについてはいまいち伸びを感じず、Jリサーチ出版から特急シリーズにシフトしました。

もちろんJリサーチもいいテキストだと思いますが、私には特急の方が合っていたのかもしれません

そんな特急シリーズで最初に着手したのは「金のフレーズ」と「文法特急」。

どちらも持ち運びが楽なkindle版を購入し、バイトの休憩中などにさらさらとチェック。

10月、11月、12月とコンスタントにTOEICを受験し、一時期スコアに停滞はあったものの、600は余裕で突破できるようになりました。

 

 

TOEICスコア700~835時代の参考書

大学一年の年明けぐらいに abceed analyticsというアプリを知りました。

特急シリーズに連携したアプリで、特急シリーズの参考書の音声が全てこのアプリに入っています。

さらに、マークシート、自動採点や正答率を表示する機能も揃っている優れモノ。

これのおかげで、旅行の際も新幹線の中やホテルで勉強することができました。

 

オトメ

荷物が少なくて済むから、旅先でもTOEICの勉強ができちゃいます!

 

この頃よくやっていたのが、難化対策シリーズ。

 

TOEIC 難化対策ドリルシリーズ

 

 

1月、大学に入学してから3回目のTOEIC-IPで、無事に700突破。

ある程度実力がついてきたので、またJリサーチのTARGET900シリーズに回帰しました。

大学2年の7月にスコア765、12月にスコア835をマークしました。

 

このような経験があるので、英語の苦手な人は特急シリーズから入るのがベストだと感じました!

 

TOEICスコア900突破のための参考書

 

実は、スコア800台でまた少し伸び悩みました。

800あれば困ることはないんですけど、英語力維持と資格マニアの血が騒いだため、極めることに。

 

そこで手を伸ばしたのがZ会のTOEIC Adaptieでした。

詳しいレビューはこちらをご参照ください。

 

【夢のスコア900へ】Z会TOEICテストadaptieを使ってみた感想!

 

それに加えて、今まで利用してきた参考書を全て再びイチからやり直しました。

これでスコア905をマーク。

もうこれ以上はやらなくていいかなとも思うんですが、マニアなので990取るまでやるかも?

TOEIC 急激スコアアップのための勉強方法

 

けっきょく、約2年間でスコアを455→905とほぼ倍に変化させることが出来ました。

そのときの勉強のスケジュール管理についてお教えしたいと思います。

 

TOEIC勉強のスケジュール管理

例えば、単語や熟語集などで、1章(60単語あるとする)を1週間で完璧にしようとした場合。

  • 1日目;No.1~15
  • 2日目;No.16~30
  • 3日目;No.1~30
  • 4日目;No.31~45
  • 5日目;No.46~60
  • 6日目;No31~60
  • 7日目;No.1~60

 

ラインマーカーが引いてある日は復習日です。

他の日に比べて分量が多くて大丈夫?なんて思うかもしれませんが、全くそんなことは無いです。

一度見ている単語だから、初見よりもスピードをあげて学習できます。

 

f:id:kanakonakonako:20170522192621j:plain

あと、勉強のスケジュールは普段使っている予定帳には書きません。ごっちゃになるので。100均で購入したweeklyのノート↑に、勉強のスケジュールを書き込んでいます。

f:id:kanakonakonako:20170522192701j:plain

バイトや講義や研究室などの予定を考慮して、毎週日曜日に次週の学習スケジュールを作成。

ノルマを済ませたら斜線引きます。

 

勉強法に関して追記

のちに、「スタディープランナー」を使った学習記録に変えてみました。

こっちの方がよりシステマティックでいいかも。

 

学習記録つけてる? いろは出版のスタディプランナーを使ってみた!

 

デジタルで記録しないの?とよく聞かれるのですが…。

勉強記録アプリはユーザー同士のなれ合いが生じがちだったり、最近は宣伝アカウントが増えたりして少々わずらわしく感じてます。

アナログの方が記録の自由度が高いし、データが消える心配がないので、私は今でも紙媒体に記録しています。

 

TOEIC模試はどれがおすすめ?

 

TOEIC模試とは、その名の通りTOEIC公開テストと全く同じ問題数・ボリュームの模擬試験です。

試験とは言いつつも、模試問題集として売り出されています。

 

TOEICテスト 公式問題集

このように公式から出されているものもあれば、世のTOEIC研究者たちが作成した非公式の問題集もたくさん出回っています。

本番と同じように2時間通してやることを前提に作られているため、とくに初心者にはなかなか手を出し辛いかもしれません。

ですが、TOEICにおいて模試を繰り返しやることは超重要です。

パート別練習だけでは、全体の時間配分の把握や集中力を持続させる練習ができません。

そういったTOEICの特性に応じた対策をするためにも、試験1ヶ月前は最低週に2回模試問題集を解きましょう。

私が一度スコア600代で伸び悩んだ時は、これが原因でした。いくらパート別練習をしても、やがて限界がきます。スコアが上がらないときは、とにかく模試を解いて全体をブラッシュアップさせていくことが大事です!

私のオススメ模試問題集はこちら。

 

新メガ模試1200問 VOL.1

 

スコアが800代になってから使い始めました。

難易度がやや高めなので、中上級者向けになりますが、新形式対応の上に6回分収録なので、ガンガン模試を解きたいのであれば一番おすすめです。

まとめ

f:id:kanakonakonako:20180731121721j:plain

以上の経験から、私は特急シリーズをおすすめしたいです。

便利な対応アプリがあると、やはり勉強の効率が格段に違うからです。

 

あと、私が心掛けていることは、

  • 必ず毎日英語を聴く
  • リスニングはスクリプトをシャドーウィングする
  • どんなに忙しくても英語の勉強をする時間を作る

この3つです。

 

「継続は力なり」、細くてもいいから長く続けています。

あとは「ちょっと疲れたな~」って時に英会話のyoutube動画を見たりして、英語をペラペラ喋る自分を想像。

TOEIC対策にはなりませんが、コンスタントに英語に触れることで、モチベーションを常に維持しています。

 

www.youtube.com

 

 

TOEICで悩んでいる方へ⇒もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH