【ネタバレ注意】不思議な展開?えいがのおそ松さん感想・考察

 

こんにちは、オトメです!

2019年3月15日公開の「えいがのおそ松さん」、早速公開日当日に見に行ってきました!

 

感想・考察をまとめてみました。

あくまでも個人の意見であることをご理解ください。

そして何よりも、ネタバレしていますので未視聴の方はご注意!!

ていうか、映画を観ていないと読んでも意味不明かもしれません!特に考察が!!

 

映画のおそ松さん全体的な感想

 

いつも通りのメタ発言

映画開始直後、冒頭でのおそ松とトド松の会話。

トド松「ていうかこのアニメ、長尺でやって大丈夫?飽きない?」というメタ発言。映画館は笑いに包まれました。

 

アニメ「おそ松さん」を観ていること前提のネタがちらほら

また、映画全体として、アニメのネタが入っているのでアニメ未視聴の人にはわかりづらい所が少し

例えば、冒頭のチョロ松が茶髪、十四松の発言「栄太郎の家がまだ建っていない~」など。

とはいえ、ストーリーの理解に支障があるほどではないかと。

 

音楽が良い!「トト子&橋本にゃー」

序盤の挿入歌のトト子ちゃんとにゃーちゃんのデュエット曲がたまらない……!

(曲名を確認し忘れた~…)

また、中学生のにゃーちゃんが、高校生のトト子ちゃんに憧れて手紙(ラブレター?)を渡しているシーンも良かったですね!

アニメではいがみ合ってばかりの二人だったので、なんだか新鮮でした。

 

高校生時代の六つ子…!

なんといっても高校生時代の六つ子がみんなおもしろい!

ざっとまとめると

 

  • おそ松→そのまま(現在と変わらない)
  • カラ松→そばかす、根暗、自己主張が苦手
  • チョロ松→謎の丸眼鏡、声が高すぎる、優等生キャラ、先生のことを「てんてー」と呼ぶ、歩き方がロボットみたい、鞄の中にエロ本満載、赤点、よく転ぶ(現在同様)
  • 一松→さわやか青年、(声がただの福山潤)、陽キャでハイタッチとか肩組しちゃう、一番友達がたくさんいる、だけど周りに同調するのがつらそうで時折闇を感じる、「イチ」と仲間から呼ばれている
  • 十四松→ヤンキー、だけどちゃんとヤンキーになりきれていない(エアタバコ、エアバイクなど謎の言動)
  • トド松→ほっぺが真っ赤、重度の甘えん坊、兄たちを「〇〇兄ちゃん」と呼ぶ、なぜか制服がぶかぶかで萌え袖

 

個人的にはチョロ松が一番ツボでした。登場順では一番最初だったので、情報量も多すぎ。

 

安定の作画

アニメと変わらない、いや、より丁寧な安定の作画でした!

色使いも独特の世界観で好きです。

 

「映画のおそ松さん」いくつかの謎の考察

 

では、考察に入りたいと思います。

解釈はいろいろとあるでしょうが、ここでは一応一ファンとしての考えを書いておきます。

 

「後悔を残している人」は誰だったのか?

 

予告CMでもずっと流れていた、「キミたち六つ子の中に(高校時代に)後悔を残している人がいる」というデカパンのセリフ。

ストーリーでは、結局カラ松がその後悔を残している人ということになっていました。

 

彼は高校の卒業式前日に、家の玄関に手紙が挟まれているのを見つけました。

ですが、その封筒には「松野くんへ」という宛名と、高橋という記名しかありません。

カラ松は、六つ子の誰に当てた手紙なのかわからず、開封するのも気が引けて……。

なので、その場では手紙を開けずに、翌日の卒業式の終了後に六つ子を学校の屋上に集めて、誰か心当たりがないか問いただそうとしました。

ですが、当時仲の悪かった六つ子は、顔を合わせた途端なぜか掴み合いの大喧嘩になってしまい、カラ松はいつの間にか手紙を無くしてしまっていたのでした。

 

個人的には、手紙を宛てた「高橋さん」こそが後悔を残していた人なんじゃないかな、と思います。

後述しますが、高橋さんは六つ子の同級生で、彼らのことが大好きでした(恋愛感情ではなく、ファンのような感じで)。

そして、勇気を出して話したこともない六つ子に手紙を書いたのに、スルーされてしまったまま大人になり、二度と会えなくなってしまったのです。

だから、高橋さんこそが「後悔を残している人」だったのではないでしょうか。

 

「映画のおそ松さん」あの黒猫の正体は…?

さて、今回の映画の重要な出来事である、「6つ子が高校生の時代にタイムトリップ」という現象。

その水先案内人になった黒猫の正体とは…。

 

私が考えるに、おそらく高橋さんの飼い猫なのでは?と思います。

物語は、高橋さんが波音の聞こえる場所で病床に臥せっているようなシーンから始まります。その窓辺にいた黒猫が、同窓会を終えた六つ子たちの前に突然現れる……というストーリー展開です。

この黒猫は、飼い主である高橋さんの死期を悟って、彼女が思い残していたことを実現させてあげようとしたのではないでしょうか?

 

「映画のおそ松さん」の高橋さんは何者だったのか?

高橋さんのフルネームは、高橋めぐみ(CV.佐藤利奈)

公式HPのキャスト一覧には記載されていません。おそらくネタバレになるからでしょう。

野暮ったいおさげ眼鏡をかけた彼女。前歯も欠けています。ですが、遠目で見るとちょっとかわいい感じの女の子。六つ子からも「マイペース」と称される不思議ちゃんでした。

ラストのエンドロールでは、六つ子たちがはしゃいでいる様子を、いつも遠く離れた場所から見守っています。

また、同じくエンドロールにて、体育祭のカットがありました。その時に、彼女は競技に参加せず、救護テントの下で六つ子たちを観て笑っていました。

 

このようなことから、少なくとも高校時代から病弱だったのかもしれません。

思い出の中で高校生の6つ子と再会できた時には、「卒業したら遠くに行っちゃうからいつ会えるかわからない」と言っていました。

これはおそらく、療養のために東京を離れるから(あるいは自分の命が長くないことを察していた)、という意味だったのでしょう。

 

いつも6人で元気にはしゃいでいる六つ子たちに憧れがあった彼女。つまり、「松野くんへ」と宛てた手紙も、きっと6人全員に宛てたものだったのです。

「大好きな六つ子全員と一緒に写真を撮る」。過去の思い出の中でそれを叶えられた彼女の最期は、幸せだったことでしょう。

 

また、ラストシーンでは、彼女がn年後(六つ子たちがいる現在)の卒業式の日に成長した姿で制服を着て、高校の校舎内を歩き回っている様子が見られます。この時点で、彼女は亡き人になっていたのかもしれませんね。

 

翌朝、カラ松以外は誰も過去に行ったことに触れなかった

過去から戻り、無事に高校生の自分たちを高橋さんに会わせ、写真を撮らせることが出来た六つ子たち。

カラ松の目が覚めると、世界は現在に戻っていました。

ですが、カラ松以外は過去に行ったことを覚えている様子がなく……

 

カラ松の夢オチ?のようになっていました。でも、6人の卒アルには、ちゃんと高橋さんとの写真が挟んであり・・・。

いくつかの不思議を残すような終わり方でした。

 

「映画のおそ松さん」まとめ!

 

いや~本当に良かったです!2時間あっという間でした。

笑いどころあり、考えさせられるところあり、なんだか後味はふわっとした不思議な感じでした!

 

映画についてですが、公開日当日だったのに人の入りはやや少なめでした。

(恐らく埼玉で見たせいもあるかもしれません。都心はすごいと思いますが……)

10代~40代ぐらいの女性が圧倒的に多め、中には男性客もちらほらいましたが、女性と来ている方がほとんどでした。

 

おそ松ファンはぜひ、劇場に足を運んでみてください~!