【感想】篠原健太『彼方のアストラ』が神作だった件

【感想】篠原健太『彼方のアストラ』が神作だった件

 

 

 

『彼方のアストラ』のレビュー記事です。

ネタバレを避けて書いているので、未読の方もご安心してお読みください。

Advertisement

 

『彼方のアストラ』とは?

『彼方のアストラ』を知らない方のために、作品概要とざっくりとしたあらすじを書いておきました。

レビューだけ見たい方は飛ばしちゃってください。

作品概要

集英社のウェブコミックサイト『少年ジャンプ+』にて、2016年5月から2017年12月まで連載されていた作品です。

作者の篠原先生にとって、ジャンプ本誌で連載していた『SKET DANCE』の完結後、初めての連載作品となりました。

 

ストーリー

舞台は、宇宙への往来が当たり前になった近未来。

主人公カナタを含む高校生たち10人は他の惑星に旅立ち、そこで5日間キャンプをするという学校行事を行うはずでした。

f:id:kanakonakonako:20180812180948p:plain

(引用:彼方のアストラ 1巻)

しかし、その宇宙旅行の途中でなんと遭難。

なんとしてでも母星に帰るため、子どもたちだけの宇宙サバイバルがスタートします。

f:id:kanakonakonako:20180812180751p:plain

(引用:彼方のアストラ 1巻)

 

『彼方のアストラ』レビュー

 

作画が生き生きしている

前作の『SKET DANCE』の連載後半あたりから、篠原先生の描く女の子がやけにカワイイな~と感じていました。

今作でもその作画は健在。

絵柄は人によって好みが分かれるのでなんとも言えませんが、少なくとも生き生きとした作画であることは胸を張っておすすめできます。

特にヒロインのアリエスは、漫画から出てきそうなぐらい生き生きしています。

(引用:彼方のアストラ 1巻)

 

伏線回収がヤバすぎる

これはもう、本当にヤバイ……。

作品の根幹に関わるトリックが分かった瞬間に、鳥肌が立ちました

これを解説してしまうとネタバレになってしまうので、詳細を書けないのが残念なところです。

……が、とにかく全部一気見した後に「え!?どこから伏線!?」と、もう一度一巻から読み返したくなります

そんな作品です。

 

キャラクターの個性が強い

前作スケットダンスでもそうでしたが、メインキャラクター10名の個性がとても強いです。

なので愛着が湧き過ぎて、読破した後にキャラとお別れするのが寂しい気分になりました。

ちなみに私の推しはルカです。

彼もまた、作品の途中である重大な秘密が明かされます。

それが分かった瞬間、私は1巻から思わず読み直して彼の胸元をチェックしましたねぇ……。

f:id:kanakonakonako:20180812182859p:plain

(引用:彼方のアストラ 1巻)

 

前作『SKET DANCE』との比較

私は作者の篠原健太先生の前作『SKET DANCE』があまりにも好きすぎて、『彼方のアストラ』は連載が終わるまで見られませんでした。

前作のイメージが壊れるのが怖かったんです。

(同じ思いをした人、他にいたでしょうか…?)

連載終了後、夫が先にKindle版で一気見し、「面白かったよー」と報告をもらったので、そこでやっと読むことが出来ました。

読み進めてすぐのボケシーンが、スケットダンスを彷彿とさせてなんか安心。

f:id:kanakonakonako:20180812170031p:plain

(引用:彼方のアストラ1巻)

こういう日常シーンは、SF版スケットダンス、といったところでしょうか。

 

恋愛要素

『SKET DANCE』では、ラブコメ要素が非常に曖昧な感じで終わっている箇所が多かったです。

ヒメコとボッスンもそうだし、サーヤははっきりフラれたわけではないけど失恋、スイッチとモモカも最終巻で仲良くし始めたようでしたが、その後の関係は読者に想像をゆだねる終わり方でした。

作中できちんと付き合い始めからゴールインまでが描かれていたのは、中馬先生とレミお姉さんぐらいでしたかね。

それもけっこう進展はゆっくりと、じれったい感じでした。

逆に、『彼方のアストラ』では数組のカップルがきちんとゴールインした「その後」が描かれています。

想像の余地があるのも読者には嬉しいですが、やはりハッキリと関係性にオチがついたほうが個人的にはスッキリします。

 

ストーリーの形式

『SKET DANCE』は途中から時間が流れ始めたとはいえ、基本的に一話完結でした。

ですが、『彼方のアストラ』は完全なストーリーモノです。既に一話の時点で、最終話への伏線が張られている徹底っぷり

それが余りにも凄すぎて、全部読み終わった後に、もう一度頭から読み返したくなる作品構成になっています。

 

Advertisement

 

まとめ

何書いてもネタバレになりそうなので、とにかく読んでほしいとしか言えないです。

(全5巻ですし、人に勧めやすいのもこの作品の良い所ですね!!)

キャラクターの個性にも魅力があるし、ストーリー展開にも手に汗握るものがありました。

過去にジャンプ作品でハマったものがあるなら、面白いと感じるはず!

篠原先生、今作も感動と伏線の鳥肌をどうもありがとうございました。

 

【期間限定】kindleで1話無料

現在、Amazonのkindle端末のみ、彼方のアストラ第一話を無料で見ることが出来ます。

⇒ kindle商品紹介ページ

2018/9追記:終了しました

 

 

↓まだkindleもってないの?↓

漫画カテゴリの最新記事