【都内私大VS地方国公立】両方の大学を経験した私が両者の良さを語るよ!

大学選びで必ずなされる議論…

それが「都内の私大と地方の国公立、どっちが良いの?」問題。

 

ねこさん

人によりけりなんじゃないのかな~

 

ねこさんの言う通り「人それぞれ」なんだけど、ここは都内私立大と地方の国立大、両方を経験した私の出番じゃない!?

オトメ

 

オトメについて

東京育ちで、都内の私立理工系大学に入学。

3年生から都外の国立大文系学部に編入しました!!

 

というわけで、実体験を含めた都内私立大学と地方国公立大学の比較!

それぞれの良さとデメリットを語っちゃいます!!

 

都内私立大学のキャンパスライフ

 

オトメ

じゃあ早速、都内の私大について語っていくよ!

 

イメージとしては活気がある・オシャレ・何もかもが最先端…みたいなところがあるけど、どうなんだろう。

ねこさん

 

オトメ

その通り!学生数も多くて、地方に比べるとにぎやかなキャンパスライフになるかな。

 

 

都内の私大はこんなところが良い!!

色々な方面へコネクションを作りやすい

 

大学が集中しているため、他大生の知り合いが出来ます

また、就活の時のOBOG訪問やインターンなど、都内の膨大な数の企業にアプローチしやすいです。

 

ねこさん

地の利って奴だね!!

 

高時給のアルバイトを見つけやすい

 

都内は、働き口がたくさんあるのでアルバイトを見つけやすいです!

都心は特に高時給になるため、がっつり稼ぎながら学業も頑張れます。

 

都内の私大の残念なところ…

ですが、やはり残念なところも…。

 

  • 学生数が多く、土地柄キャンパスも手狭で窮屈
  • 周囲に遊べる場所が多いため、誘惑が多い!
  • 教授一人当たりが担当する学生数が多いため、国公立に比べると面倒見が悪い

 

ざっと挙げるとこんなところでしょうか?

 

オトメ

このような経験から、個人的には、大学卒業後も勉強を頑張りたい人は国公立に行った方がいいんじゃないかな、と考えています。

 

逆に就活を頑張りたいと思っている人は都内の方が動きやすいし、いいのかもね!

オトメ

 

地方国公立大のキャンパスライフ

 

オトメ

そんな華やかな都心でのキャンパスライフを経て、地方の国立大学に編入した私です。…ってまあ、上の写真ほどまで田舎じゃないんだけどね!

 

大学受験の偏差値だけで言うと、いわゆる「駅弁大学」よりちょっと上の大学。

県の中でも大きな都市に立地がある…そんな感じです!

(なので厳密にいえば地方ではないのかもしれませんが…)

 

地方国公立大のここが良い!!

 

落ち着いた環境でのびのび過ごせる

私が大学を変えて一番思ったのは、とにかく学生数が少なくて、ゆったりしているということ!!

 

オトメ

かといってみんなだらけている訳ではないです。堅実に目標を持っている人が多いイメージですね。東京の私大生によくありがちな、変に野心を持ってギラついた感じがないです。
変に野心を持ったって何よ…

ねこさん

オトメ

ろくに計画もないくせに世界一周したいとか起業したいとか周りに宣言しだすヤツ。ただし実際にはやらない。
お、おう…。

ねこさん

 

じっくりと勉強できる場

加えて、教員一人当たりが受け持つ学生数が少ないです。

オトメ

私がもともと通っていた都内の私立大では、一つの研究室に30人ほどの学生が押し込められていました…。
絶対に教授一人で面倒見切れない学生数じゃん!!

ねこさん

オトメ

それが国立にうつったら、5人くらいになりました!多い研究室でも10人はいかないです。この歴然とした差…!

 

教授とゆっくり話し合う時間も取ってもらえるぐらいです。

私立大学に比べたら、勉強に集中できる環境が整っているといえます。

 

物価が安い

とにかく、家賃が安くて生活がしやすいです。都内のスーパーじゃ有り得ない価格の新鮮お野菜たちにも巡り合える…!

大したことじゃないと思うかもしれませんが、充実した生活を送るには大事なことですよ!

 

地方国公立大のここが残念…

 

オトメ

東京にいたときに比べて何かと交通費がかさむ…!

 

そうなんです、地方は都内に比べて車社会。なので、電車やバスなどの公共交通機関の交通費も高く、何をするにもお金がかかるんですよ…!ちなみに車を持っていても、その維持費やガソリン代もかかるため、なんとも言えない…。

そのくせに都心でのアルバイトに比べると、時給が低い…!

私は都外へ引っ越してからはアルバイトをしていないのですが、街中で求人を見るたびに安いなぁ~と思っちゃいます。最低賃金が低いのでしょうがないんですけどね…。

周りの話を聞いていると、休日遊びに大都市へ出るとき、アルバイト1時間分の給料が交通費で消えるとかザラだそうです。

 

オトメ

でも、私が思う地方の国公立大のデメリットは本当にこれぐらいだけです。元々遊び好きではないし、大学には勉強をしに行きたいだけ。授業料も安いし、困った時には猶予・免除制度もある。

しっかり勉強出来る環境があって、交通費などを除けばコスパ最強です。

 

まとめ:自分にとってどっちがいいのかを見極める!

 

どっちの大学にも、それぞれの良さがあり、デメリットもあります。

結局はその人に合っているかどうか次第なので、自分の性格や将来やりたいことに合わせて決めていけばいいんじゃないかなと個人的には思います!

 

都内私立大VS地方国公立大まとめ
  • 就活を頑張りたい!色々な人と出会いたい!そんな人は都内私立大の方が向いているよ!
  • 学問を頑張りたい!堅実にコツコツとやっていきたい人は地方国公立大の方が向いてるよ!

 

また、単に「都会の大学か地方の大学か」という議論については、私と同じように編入によって大学を2つ経験したちのさん(@hasfinished )の記事も必見!

ちのさんは国立→国立編入なので、私とはまた違った意見も!

 

オトメ

以上、両方の大学を経験した私が思ったことでした。ご参考までに!!