【ポケモン】ビビリ玉連鎖で色アブリーとカリキリゲットだぜ!

【ポケモン】ビビリ玉連鎖で色アブリーとカリキリゲットだぜ!





こんにちは、ライトな色廃オタクのオトメです。

久々のポケモンプレイ記になりますが、今回はウルトラホールでの色探しはいったんお休み。

ビビリだま連鎖での色違い捜索に励みました!

Advertisement

ビビリだま連鎖の準備

 

ビビリだま連鎖だと光るお守り所持で、30連鎖目~から色違い出現確率がMAXになります。(1/273)

私の感覚としては60連鎖目~実際に色が出てくることが多いです。

 

そんな長丁場になりがちな連鎖を少しでも効率よくするために、ポケモンは特性プレッシャーのアブソルを使用。

 

特性プレッシャーのポケモンがいると、野生のポケモンが仲間呼びをしやすくなるので連鎖が効率よく進みます

 

控えに一応ドーブルとキノガッサをいれておきました。

ですが今回、野生のカリキリがちょくちょくしびれ粉を使ってきて面倒だったため、草タイプのポケモンの連鎖を粘るときにはガッサのほうがいいです。

 

また、PP切れ対策にヒメリを大量栽培しておきましたが、図鑑ロトムが吐き出してくれるPPかいふくポンの方が便利だった印象。

 

その他狙っているポケモンに合わせて装備やらポケモンやらを変えると便利です。

 

参考

 

いざ捕獲へ……

 

前書きはこれぐらいにして、色捜索へ向かいます。

今回はなんか可愛いポケモンの色違いを狙うことにしました。

 

色アブリー捕獲

色アブリ―の捕獲はメレメレの花園で行いました。

実は最初にチュリネを狙って80連鎖位までさせていたのですが、うっかり相手のチュリネをPP切れ→悪あがきで自滅させてしまい、色捕獲に失敗していたのは内緒の話。

折れた心をセロテープで補修して、粘ること60連鎖で色が出現。

 

 

いちごみるくが飲みたくなるカラーリングですね!!!

 

ちなみにアブリボンに進化させたらこんな感じになりました。

 

 

オー〇リー春日を彷彿とさせるようになりましたね。

でもあざとかわいい!!

 

色カリキリ捕獲

お次は5番道路にて色カリキリを粘る。

今回は運が悪く、アブリ―よりも難産でした。

正確に回数をはかってなかったのですが、おそらく100連鎖以上はいきました。

 

かわいいなぁ。

進化するとこんな感じになります。

進化しても色合いがあまり変わらない!

このレモンライムのような爽やかな配色がお気に入りです。

 

 

ちなみにアマージョ

 

前回記事で捕獲したアママイコがアマージョに進化したので載せておきます。

 

 

全体的にファビュラスな仕上がりになりましたね、美香さん。

これは踏まれたい。踏んでください!!!

 

 

 

 

 




ポケモンカテゴリの最新記事