私がmixhostのレンタルサーバーを選んだ3つの理由

私がmixhostのレンタルサーバーを選んだ3つの理由

 




 

こんにちは、オトメです!

ブログをはてなからワードプレスに移転したことは前回記事でもお知らせいたしました

もちろん、その際にレンタルサーバーを借りる必要があったのですが……。

いろいろと検討した結果、このブログではmixhostを使うことにしました。

なんだそれ、エックスサーバーじゃねぇのかよ、聞いたことねぇ!!という方のために、mixhostの良さをお伝えしたいと思います。

 

Advertisement

私がmixhostを選んだ3つの理由


 

SSL化が楽チン

まず、私がmixhostを選んだ第一の理由として、サイトをSSL化しやすいことにありました。

 

SSL化をすれば、サーチエンジンでの評価が高まることをGoogleが公表しています。

つまり、ブログやサイトをきちんとマネタイズさせるためには必須条件です。

 

mixhostでは、ネームサーバー設定の変更をすれば、何もしなくてもSSLが利用できるよう自動設定してくれちゃうんです。

あとはワードプレスのアドレス設定を変更し、httpに来たアクセスをhttpsにリダイレクトさせるよう設定します。

そして最後にコンテンツ内の内部リンクを、置換プラグイン「Search Regex」を用いて、すべてhttps~に書き換えれば大丈夫です。

 

また、PHPコードに書き足すだけで一気に置換できるコードをこちらの記事で詳しく書いてあります。

参考になりました。

 

 

ページの表示が早い

上述のSSL化に加えて、ページの表示速度がSEOに影響するのもご存知でしょうか。

 

 

mixhostは通信の効率化がされているため、表示速度が非常に早いです。

次世代プロトコルのQUICにも日本で初めて対応しました。

このQUICの利用には条件が必要なのですが、もし利用できなくてもHTTP/2通信が可能です。

HTTP/2でも十分サクサクなので、個人ブログを運営する分には困ることがないと思います。

 

また、少々蛇足になりますが、自分のサイトの表示速度をテストするツールがあります。

 

当ブログを計測してみたところ、以下のような結果になりました。

 

モバイルでは読み込みに3秒以上かかると離脱する人が増え始める傾向にあるようです。

なので、本当は3秒以内がベストなのですが当ブログは4秒……ま、まあサーバー移転したばかりだしね……:(;゙゚”ω゚”):

 

 

ですが、一応パフォーマンス上位のサイトと認められました。(ぎりぎり)

はてなの時は結構重かったので、やはり移転してから表示速度がアップしたように感じます。

(まだまだ改善の余地はありそうだけど……)

 

 

Advertisement

安心の10日間無料体験

mixhostでは、クレジットカードの登録なしで利用できる10日間の無料体験サービスを行っています

そのため、実際に動作を確認してから契約することが可能です。

無料体験期間中も、本契約とほぼ同様のサービスが利用できるので安心!

 



 

結局、エックスサーバーとどっちが良いの?

mixhostの利用に際して、よく検討されるのがエックスサーバーとの比較です。

ディスク容量であれば、mixhostの60GBに対してエックスサーバーは200GBと非常に大きいですが、それ以外ではmixhostの方が勝っているように思います。

とくに、アダルト・出会い系の運営が可能、月当たりのコストが安い、こちらでバックアップの復元が可能といった自由度の高さも売りではないでしょうか。

 

おわりに:とにかく10日間の無料体験!

現在サーバー移転を考えている方、迷わず10日間の無料体験をしてみましょう。

 

ねこさん
試すだけならタダ……!なんだかすごくオトクな気分

 

私自身はまだmixhost以外のレンタルサーバーを利用したことがないので、次にブログを立ち上げるときはエックスサーバーを使ってみようかなと考えています。

その際にまた詳しい比較記事を書いていきたいです。

それでは!



ブログ運営カテゴリの最新記事