【初心者向け】御朱印のもらい方!初穂料や知っておきたい参拝マナー

 

こんにちは!旅行大好きオトメです。

私はつい2年ほど前から、旅先で御朱印を集めるようになりました。

パワースポットブームで、御朱印を集める人が増加しているみたいですね!

ですが、御朱印を集めるときに気になるのが、もらい方やその際のマナーです。

 

ねこさん
せっかくご利益にあやかるんですから、寺社やそこに祀られている神様・仏様に失礼のないようにしたいですよね。

 

今回は、そんな御朱印集めの注意点についてまとめてみました!

 

御朱印とは?

簡単にいうと、寺社参拝の証です。

もともとは写経を納めた際に信仰の証としてもらえるものでしたが、現在では神社や寺院をお参りするだけで頂けます。

実際の御朱印帳

百聞は一見に如かず、これが私が実際に使っている御朱印帳です。

神楽坂にある和雑貨屋にて購入しました。

このような感じで御朱印を集めています。

参拝した寺社名の墨書き朱印参拝日が基本的に書いてあります。

中には、複数のデザインの御朱印が置いてあったり、季節によって押してくれる朱印が異なったりする寺社もあります。

御朱印帳は、このように蛇腹になっているものが多いです。

 

普通の本のような「和綴じ」タイプの御朱印帳もありますが、墨書きをしてくださる寺社の方のことを考えると、蛇腹式のものが望ましいです。

 

それに、蛇腹の方が開いて御朱印を眺めることができるため、人気が高いです。

また、御朱印帳は大事なものなので、普段は棚の中に保管しています。

 

御朱印のもらい方

では、いよいよ本題の「御朱印のもらい方」について解説していきます。

 

御朱印帳を用意する

まず、御朱印帳がないといけませんよね。

御朱印帳は書店や雑貨屋で販売していますが、ネットショッピングでも買うことが出来ます。

 

また、寺社の社務所で購入することも出来るので、その場で御朱印帳を買って御朱印ももらうということも可能です。

値段の相場は700円~です。寺社にて購入する物は2000円前後でしょうか。

高級な御朱印帳だと、1冊5000円ほどするものも見たことがあります。

 

寺社を参拝する

御朱印帳の用意が出来たら、実際に参拝にいきましょう。

お参りを終えたら、社務所へ向かいます。

そこで御朱印をもらいたい旨を伝えれば、多くの場合いただくことができます。

まれに、偶像崇拝を禁止している宗派などで、御朱印を断られるケースもあります。

寺社の方針ですので、その場合は素直に従いましょう。

大きな寺社では、番号札を渡されて、御朱印が用意できたら呼ばれるという方式をとっているところもあります。

スムーズに御朱印帳を受け取れるように、社務所の近くで待機していましょう!

……また、ちょっぴりレアケースになりますが、賽銭箱の横に書き置きの御朱印が置いてある場合もあります。

 

伊香保神社にて 

山奥など人がなかなか来ない寺社にはこの傾向があります。

こうした場合には、代金を所定の場所に納め、帰宅後、頂いた御朱印を御朱印帳に貼りつけましょう。

 

 

代金を納める

御朱印を受け取ったあとには、代金(初穂料)を渡す必要があります。

寺社にもよりますが、 300円と定めているところがほとんどです。

まれに、金額を指定せずに「お気持ちをお納めください」と言われる場合もあります。

そのときは、300円~500円がちょうどいいでしょう。

 

小銭をきちんと用意しておきましょう。

サイフに高額紙幣しかない……ということがないように!!

 

御朱印集めにあたって注意したいマナー

以上の「御朱印のもらい方」で、ざっくりとした注意点を述べてきました。

しかし、これ以外にも覚えておくべき参拝マナーがあるので注意してくださいね。

 

きちんと参拝することを忘れずに!

御朱印帳を埋めることに必死になってしまい、お参りがおろそかになっている参拝客がいます。

ですが、御朱印はそもそも参拝の証であるものです。スタンプラリーではありません。

きちんと寺社にお参りをして、そのありがたみに感謝しましょう。

 

書いてほしいページを開いて渡す

御朱印帳を書いてほしいページがわかりやすいように、開いて渡しましょう。

閉じ紐がある場合は、緩めておくとより良いです。

 

御朱印を待つ間は、静かに!

書き手の方が一生懸命書いてくださっています。

その間は、私語などをせず、厳かな気持ちで待ちましょう。

目の前でスマホをいじったり、飲食をしたりするのも失礼に当たるので気を付けて下さい。

 

 

 

御朱印について、よくあるQ&A

その他、ネット上でよく見かける、御朱印にまつわるQ&Aをまとめました。

 

御朱印帳の裏面も使っていいの?

お好みで大丈夫です。

 

蛇腹式の御朱印帳だと、表面と裏面がありますよね。

表面が全て埋まったら、裏面にいってもいいですし、次の御朱印帳を使っても大丈夫です。

ちなみに私は裏面も使っています。

墨書きの裏うつりが気になる方は、表面だけ使用したほうがいいかも!

 

御朱印を受け付けている時間は?

寺社によって異なるので、参拝する予定の寺社のホームページを確認しましょう。

 

おおむね、9時~17時ぐらいはどこの寺社も受け付けていることが多いです。

 

一回の参拝で、複数の御朱印をもらってもいいの?

大丈夫だけど、常識の範囲内で!

 

複数の御朱印を用意している神社の場合、いくつかの御朱印を同時にもらう人がいます。

もちろん御朱印の数だけ料金を納めれば、マナー違反にはあたらないので大丈夫です。

 

ただし、書き手の方の負担を考えると、1回の参拝で多くとも3つまでにしておいた方がいいでしょう。

それに、御朱印は「参拝の証」であることをお忘れなく!

次にその寺社へ訪問したときの楽しみとして、ちょっとずつ集めるのも風情がありますよ。

 

御朱印帳を忘れた場合は?

申し出れば和紙に書いてくれます

 

御朱印帳を忘れてしまった場合は、社務所でその旨を申し出れば、和紙に書いた御朱印を用意してくださいます。

それを持ち帰り、御朱印帳に貼れば大丈夫です。

 

ねこさん
マナーを守って、気持ちよく御朱印集めをしましょう♪