【大学編入】遠方受験者必見!費用を浮かせるコツ!!

 

 

こんにちは!大学編入経験者のオトメです。

編入試験と言えば、受験料が高くお金がかかることでも有名……。

 

今回は特に費用がかさみがちな遠方での編入試験について、費用を浮かせるコツをまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

交通費を浮かせる

f:id:kanakonakonako:20180527174625p:plain

遠方受験で最も気になるのが、交通費。

夜行バスを使えば安いですが、試験前なので身体のコンディションを考えると新幹線はマストです。

なので、新幹線利用を前提とした交通費の浮かせ方を紹介します。

 

学割を利用する

新幹線を利用するうえで重要となってくるのが学割の存在です。

学割利用で、新幹線の運賃が2割引になります!

ただし、特急料金は割引にならないので、実質「運賃×0.8+特急料金」の値段になります。

それじゃあ大したことないじゃんと思われるかもしれませんが、実際に比較してみましょう!

 

東京ー京都の場合、

正規料金⇒13,080円

……これに対して

学割料金⇒11,430円

※いずれも普通車自由席利用の場合

 

実にその差額、1,650円!

往復になると、3,300円も差が出てきます。

滞在中の食事代に丸々当ててもお釣りがくるぐらいですね。

これを利用しない手はありません!現在学生の方は、是非利用してみてください。

多くの場合、学内の証明書発行システムで学割証を発行できます。

 

金券ショップで切符を買う

新幹線切符を安く手に入れるもう一つの方法として、金券ショップを利用するという手段もあります。

何かしらの事情で優待券や新幹線の切符が不要になった人が、ここで売りさばいています。

学割を利用するよりも少しハードルが高いので全力でオススメはできませんが、使いこなせる自信がある人はやってみてもいいと思います。

 

shinkansen.tabiris.com

 

ホテル代を浮かせる

f:id:kanakonakonako:20180527180328p:plain

ホテルの早割を利用する

遠方の大学を受験する際には、宿泊地を探す必要があります。

ここでポイントなのが、早いうちに宿泊の予約をしておくことです。

楽天トラベルなどインターネットで予約すると、早割サービスがあります。

特に大手のチェーンホテルで早割キャンペーンをやっている傾向が高いので必見です!

 

travel.rakuten.co.jp

 

 

朝食のみ付きプランを利用!

f:id:kanakonakonako:20180825112559j:plain

食事代を浮かせるために、素泊まりプランを選ぶ方もいると思いますが、私は試験の際には朝食のみ付いているプランを提案します。

試験の前日はいつもより早く寝ることもあるため、ホテルでがっつり食べてしまうのはあまりよくないと思います。

近くにコンビニががあれば、夕食は買い食いで済ませてしまう方が楽です。

おにぎりなんかだったら、勉強しながらでも食べられますしね。

その分、翌日の朝食はホテルでしっかりと食べて試験に臨みましょう!

 



 

以上、遠方の試験のときに費用を浮かせるコツでした!

新幹線代や宿泊代を合わせると、試験そのものよりもお金がかかります。

色々なサービスを上手く利用して、節約できるところをコストカットしていきましょう!