【大学編入】読書記録をつけよう!読書メーターのすすめ

 

 




 

こんにちは、編入経験者のオトメです。

大学編入に向けて勉強をしていると、専門書を含めさまざまな本を読む機会が増えると思います。でも、その読んだ本、ちゃんと覚えてますか?

今回は、読書記録が出来るアプリを紹介したいと思います!

 

読書メーターについて

f:id:kanakonakonako:20180628163608p:plain

概要

読書メーターは、読んだ本を登録することで、読書量をグラフにして読書記録ができるサービスです。

この読書メーターが優れている点は、アプリから記録をつける場合、カメラでその本のバーコードを読み込めば瞬時に読書記録をつけられる点です。

 

ねこさん
手間も少ないし、簡単に登録できちゃうんだね!

 

読書メーターでできること

 

  • 読んだ本を登録する
  • 読んでる本を登録する
  • 読みたい本を登録する
  • 読んだ本の感想を登録する
  • 好きなテーマに沿って本棚を作成する
  • コミュニティに参加する
  • 自分と似た本を読んでいる読書家を見つける

 

……などなど、使い方は無限大です!

 

 

読書記録をつけることのメリット

編入受験生において、読書記録をつけることは超重要です。

なぜなら、編入試験の面接で最近読んだ本について聞かれることが多いからです。

どんな本を読んだか覚えていなければ、答えることもできませんよね?

でも、読書記録を日々つけていれば、自分が過去にどんな本を読んだか簡単に振り返ることができます!ノートで記録していくのもいいかもしれませんが、やはりサクッとバーコードで登録できるアプリの方が簡単ですよ。

また、感想投稿機能を利用して、その本の内容について自分の意見をまとめておいたり、重要なポイントを要約しておけば、小論文の対策にもなります!

 

 

私の使い方

実は、私は編入試験のずっと前からこの読書メーターを愛用しています。2015年から記録をつけ始めたので、使用歴3年間ぐらいですかね。

編入試験の勉強を始めたとき、本棚機能を利用して、小論文に使えそうな本をまとめました。

bookmeter.com

リンク先の、「本棚」→「社会学」です。

社会学のなかでもとりわけジェンダー・セクシュアリティの分野に関してやっているので、そういう本が多いです。

そして、読んだ本に対する考察を感想投稿でおこなってます。

f:id:kanakonakonako:20180628165134p:plain

f:id:kanakonakonako:20180628165150p:plain

こうして記録をすることで、自分の勉強の成果も目に見えます。モチベーションの維持にも役立つことでしょう。

 

ねこさん
ぜひ「読書メーター」に登録して、読書記録をつけよう!

 

 

【WEB】

bookmeter.com

 

 

【Android】

play.google.com

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です