【大学編入】試験前日にチェックしておきたい持ち物リスト!

 

こんにちは、編入経験者のオトメです!

 

おねえさん
編入試験のときって、何持ってけばいいんだろう?

 

ねこさん
そうそう、特に遠方受験だと持ち物に迷うよねぇ~

 

そこで今回は編入試験のときに持っていくべきアイテムをリストアップしてみました。

募集要項に持ち物を書いてくれている大学も多いですが、編入経験者の立場から、それに+αしてみました!

 

編入試験当日持っていくべきもの

 

編入試験 マストアイテム

 

まずはマストアイテムから。

 

ねこさん
これを忘れると最悪受験できないこともあり得るので、絶対に忘れないで!!

 

 

受験票

腕時計

筆記用具

 

受験票

これだけは何があっても忘れないでください。

受験票は言わずもがな、無いと受験を認めてくれません。

 

腕時計

時計が教室にない場合もあるので、忘れると致命傷です。しかも現地近くのコンビニで簡単に買えるものではないので、もし電池が不安なら腕時計を2本持っていくのもいいでしょう。

 

筆記用具

時計に比べると筆記用具は簡単に買えますし、最悪会場で貸してもらうこともできますが、やはり普段使い慣れたものが一番です。試験のコンディションに直結するため、忘れずに持って行きましょう!

 

 

持っていくべきアイテム

 

次に、忘れても試験に影響はありませんが、あった方がいいアイテムです。

 

昼食

募集要項

使い慣れた参考書

志望理由書のコピー

 

昼食

昼食に関しては、昼休みを挟んで試験がある場合。

その大学の生協や近隣のレストランなどで食べてもいいのですが、混んでいて時間内に食事が済ませられないといったハプニングもあります。

あらかじめ家から持参したり、コンビニで買って来たりなど、確実に昼休み内にゴハンにありつけるようにしておいた方がいいです。

 

ねこさん
とはいえ、私も普通に受験大学の近くの回転寿司に食べに行きましたが……

 

くろちゃん
マネしないでね

 

 

募集要項

募集要項は結構大事です。

大学のアクセスや緊急の連絡先なども記載されているからです。

万が一道に迷ったり、交通機関の影響で遅刻しそうといった時に、速やかに連絡が取れます。

 

使い慣れた参考書

「使い慣れた」というのがポイントです。

結構休み時間を長くとる大学が多いので、手持ち無沙汰になってしまうことも。

逆に緊張してきてしまうので、昼食を食べたら最後の復習をすると気持ちが落ち着くかもしれません。

そのときに、使い慣れた参考書なら、より心強く感じることでしょう。

 

志望理由書のコピー

事前に志望理由書の提出があり、面接がある場合に限りますが……。

自分の書いた志望理由書を眺めながら、面接のイメトレができます。

待ち時間も有効活用したいですね。

 

【添削・例文あり】大学編入 志望理由書の書き方!

 

編入試験 遠方受験のマストアイテム

 

遠方受験の場合は、最低でも1泊することになると思います。

持っていくべき持ち物も増えるので、必要なアイテムをしっかり揃えましょう。

 

多めの現金

ホテルまでの地図

衣類・洗面用具・寝間着

 

多めの現金

宿泊の場合、何かとお金を使う機会が多いです。

現金は多めに持って行きましょう。

クレカがある場合も、とくに地方だと使えないことがあります。

バスなどの公共交通機関がICカードにすら対応していないこともあるので、小銭・千円札など細かいお金の方がいいです。

 

ホテルまでの地図

もちろん、Googleマップのスクショでも大丈夫です。

 

ねこさん
ホテルが見当たらなくて1時間彷徨うなんてことがないようにね……(※実話)

 

おねえさん
うわ~……

 

衣類・洗面用具・寝間着

この辺はお泊りのときの鉄板なので大丈夫ですよね!

 

おねえさん
でも寝間着って?ホテルにあるんじゃない?
ねこさん
う~ん、それがねぇ。ホテルにおいてある寝間着って、ほぼガウンなんですよ。

 

こんなやつ。

 

長いワンピースみたいな感じで、割と下半身がスース―します。

はだけてお腹を冷やしてしまうこともあるので、不安な人はふつうのパジャマ持参を推奨します。

 

 

編入試験では忘れ物のないように!

 

人生を左右する、大事な編入試験。

基本的な持ち物はふつうの受験と変わらないので、落ち着いて持ち物を準備しましょう!

 

ねこさん
そして忘れ物をしないように!!

 

忘れ物ひとつのせいで努力を無駄にしないよう、前日は何度も持ち物をチェックしましょう!