お酒が苦手な大学生必見!飲み会での上手な断り方3つ

皆さんも、行ったことがあるであろう「飲み会」。

サークルの新歓や忘年会など、大学生になるとお酒を楽しむ機会が増えます。

 

オトメ

でも、お酒が苦手な人っていますよね~。私も苦手!

 

今回は、そんな時の上手なお酒の断り方についてシェアします。ぜひ参考にしてください。

 

「飲みたくない」を上手に伝えるには

20歳になるとお酒が飲めるようになるので、大学生の中には飲み会を楽しむ人も多くいます。

無理に飲んだり、他人に迷惑をかけなければ、普段の勉強ストレスから解放され良い気分転換になると思います。

ただ、「みんなとワイワイするのは好きだけで、どうしてもお酒の味が苦手…」という人もおり、飲み会時のお酒の断り方がよくわからないという人もいるかもしれません。

相手につまらない、飲み会の空気を壊したくない、などの理由から嫌いでもなかなか断れないという人もいるかもしれないので、相手を不快にさせないで断るポイントについて知っておきましょう。

 

お酒の上手な断り方その1:体調が悪いので…

「風邪気味だから」、「お腹の調子が悪いので」など、体調を理由にすると相手も理解してくれます。

 

オトメ

もし仮に、これで強要してきたらその人にはある意味注意が必要です…。
サイコパスや…

くろちゃん

 

お酒の上手な断り方その2:長時間みんなと楽しみたいから、まずはソフトドリンクで

「お酒が弱いので、先に飲んでしまえばすぐに潰れてしまい長時間楽しめなくなるから」と言って、強要してくる人はいません。

これはその場しのぎの方法なので、何回も強要された場合は別の断り文句が必要になります。

 

お酒の上手な断り方その3:車やバイクを運転するから

これも体調と同様でモラルの問題で、飲酒運転を強要する人は基本的にいません。

大学生で車を持っている人は少ないですが、原付などのバイクであれば十分考えられるのでぜひ使ってみてください。

「自宅の最寄りの駅まで原付で来ている」と言えば、相手にもわかりませんし、それ以上強要してくることはないでしょう。

 

まとめ:上手く断ること

 

いかがでしたか?今回は、大学の飲み会での上手なお酒の断り方についてでした。

ポイントは、その場の雰囲気を壊さないで理解を求めるような口実を作ることです。

 

オトメ

お酒は成人してから!節度を守って楽しくだよ♪

 

それから、お酒があまり飲めない人には無理にすすめない!これも大事なマナーだよ

ねこさん