【徹底比較】大学生のアルバイト!飲食系と教育系どっちがいい?

【徹底比較】大学生のアルバイト!飲食系と教育系どっちがいい?

f:id:kanakonakonako:20180530160704j:plain

 

 

こんにちは、毎度おなじみ年増女子大生のオトメです!

学生にありがちな悩みの一つとして挙げられるのが、「バイト探し」!

 

ねこさん
とくに大学生でバイト初体験という人はおおいはず……

 

・効率よくがっぽり稼ぎたいけど、シフトは融通が利く方がいい!

・飲食店で働くのと、家庭教師や塾講師をやるの、どっちが儲かるの?

 

今回は、こんなお悩みを抱えている学生に向けて、飲食系アルバイトと教育系アルバイトを徹底比較したいと思います!

 

 

Advertisement

 飲食系アルバイト

f:id:kanakonakonako:20180805174127j:plain

飲食系バイトのここがいい!

飲食系バイトは、何といってもシフトに融通が利きやすいです。

特にファストフード系はシフトを週ごとに提出できるので、サークルや部活の予定に合わせやすいです。

さらに大学の近くの店で働けば、空きコマを利用してバイトすることも出来ちゃいます。

筆者も実際に1限と4限だけに必修の授業があったとき、2~3限は大学近くのファストフード店でバイトしていました!

また、教育バイトと異なり、バイト前に授業準備や予習をする必要がありません。

スキルさえ身に着けてしまえば、働くのは楽です!

 

飲食系バイトのここがつらい!

なんといっても、時給が安いことです。

スキル・資格・高い水準の学歴を必要としないため、これは仕方ないことです。

また、キツくて汚い仕事をしなくてはいけなかったり、接客で嫌なお客に当たることもあったり、メンタル・体力的にもタフさが要求されます。

 


 

 

教育系アルバイトのメリット・デメリット

f:id:kanakonakonako:20180805174307j:plain

教育系アルバイトのここがいい!

教育系アルバイトは、飲食系バイトに比べて高時給です。

また、肉体的に負担のかかる仕事が少ない頭脳職なので、学歴・受験テクニックに自信のある人にはいいかもしれません。

教育系アルバイトのここがつらい!

シフトの融通が利きづらいです!

というのも、家庭教師・塾講師は生徒の付き具合によって稼ぎが左右されます

生徒が多くついていればその分稼げますが、そうでない場合は、高時給でも実はあまり稼げません!

 

さらに、生徒が突然病欠したり、用事で授業を振り替えたり、ということも多いです。

その際には自分の予定も左右されてしまいます!

 

そして何より、授業前準備として、授業の予習をしておかなければなりません。

教材のコピーなど準備が必要になる場合も、手当をつけてくれるところは少ないです。

生徒からの信頼を集め、生徒がつくようになれば稼げますが……。

そうなるまでには時間が必要です。

稼げるように思えて、実はあまり稼げないことがあるのが教育系バイトの落とし穴です。

 

結論

f:id:kanakonakonako:20180527134429j:plain

まだアルバイトを何もやったことがない!とにかく早くまとまったお金が欲しい!

そういった方は、まず飲食系バイトをおすすめします!

 

おねえさん
え~?キツイし時給安いんでしょ?やだなぁ……。

 

とはいえ、人生で一度は接客業をやって社会勉強をすることも必要だと私は思います。

 

ねこさん
店員側の気持ちを察せずに、飲食店で横柄な態度を取ってる可哀そうな社会人にならないためにも、飲食店でのバイト経験は必要だよ。
おねえさん
ネコちゃん、……なんか嫌な事でもあったの?

多少お金に余裕があるなら、教育系のバイトから始めてみてもいいでしょう。

ただし、労働条件はよく確認する必要があります。

特に個人塾では、雑務とサービス残業の境界があいまいになりがちなので要注意!

 

ねこさん
賢く楽しいバイト生活をおくりましょう~

 

 

 




キャンパスライフカテゴリの最新記事