【パターン別】バイトを辞めたい! 円満退職するための理由は?

 

こんにちは、今までやってきたバイトの数なら誰にも負けないオトメです!

以前、私が今までやってきた20種類のバイトをレビューする記事を書きました。

 

 

これだけバイトをやってきたので、当然ながら退職についてモメた経験もあります!!!

もちろんバックレもあります!!!

 

ねこさん
そうしないと逃げられないようなブラックバイトだったんですよね……

 

そんな経験を活かして(?)、今回はバイトをなるべく円満に退職するための言い分を提案していきます!

 

こちらの都合で辞める場合

 

まず、こちらの都合で辞める場合についてです。

 

当てはまるケースとしては、

 

  • 実際に働いてみたら仕事が合わなかった
  • 想像していた仕事と違った
  • その他、家庭や学校など何らかの都合でバイトをやめなくてはいけなくなった

 

が挙げられるでしょう。

 

素直に事情を説明する

こちらの都合で辞める場合は、素直に事情を説明するのが一番です。

 

とくに「家庭や学業の都合で辞めなくてはいけなくなった」という場合には、辞職するにあたって正当な理由として認められます。

 

こじれを無くすためにも、変な嘘はつかずに素直に先方に事情を説明するのが望ましいですね!

 

少し「建前」を含ませる

 

ですが、「仕事が思っていたのと違う」「自分に合わなかった」という理由で辞職話を切り出すのは勇気が要りますよね。

確かに、上記の家庭や学業の事情で辞めなければいけなくなったいう理由よりは、正当性が低いです。

素直に事情を話しても、学生であれば大目に見てくれる会社も多いですが、中には引き止めてくるところもあります。

 

ねこさん
特に人手が足りていない飲食店などは、猫の手も借りたいですからね。

 

少しでも引き止めてきそうな雰囲気があったら、建前でも構いません。

どうしても辞めなければいけない」という雰囲気を滲ませましょう!

 

例1)急に祖母の体調が悪化して、介護の手伝いをしなくてはならなくなった

例2)学業との両立が難しくなった

 

くろちゃん
嘘も方便。多用は禁物だよ!

 

 

 

会社そのものがヤバかった場合

 

近年増えてきたのがこのケースですね。

ブラックバイトに引っかかってしまった、あるいは上司がなんかブラック気質だった……。

実際に働かないと分からないことも多いので、引っかかってしまったことは仕方ないです。

さて、問題は逃げ方。

このような場合には、どうやったらできるだけ波風立てずに退職できるでしょうか?

 

 

「嘘も方便」で逃げ切る

先程と同じように、建前を上手く利用して逃げましょう

家庭や学業の都合と言い切って、逃げるが勝ちです。

 

ブラックなバイトからは基本的に「逃げるが勝ち」精神でいた方がいいです。

特に働いてからの期間が短く、まだこちらの損失が少ない場合には、変に反抗姿勢を見せたり、訴えを起こそうとしない方が吉です。

 

何よりも自分の大切な人生の時間を、そんなところで浪費するのは馬鹿らしいことです。

どうせそういう会社は長生きしませんから、放っておいても潰れます。安心してください。

君子危うきに近寄らず!

 

 

最終手段、バックレ

究極奥義なので多用しないでくださいね。あくまで自分の身を守るための最終手段です。

 

辞職の意志を伝えても、それを受け入れてくれない場合には逃げましょう。

具体的には、出勤しない。出勤要請の電話があっても一切出ない。

 

ただ、辞職前に給料のことについてはどうなるか、きちんと確認しておいた方がいいでしょう。

口座払いであれば働いた分の振込は確実にあるので心配ありませんが、 手渡しなどをしている小さい会社の場合には気を付けて下さい。

 

ねこさん
働いた分の給料はしっかり受け取ってたからバックれた方がいいですね。

 

くろちゃん
バックラーの鑑!

 

 

 

まとめ:多くの場合、素直に理由を言えば大丈夫!

 

いかがでしたでしょうか?

最後のほうに若干怖いことを書いてしまいましたが、多くの場合はきちんと理由を話せば退職させてくれます。

社会的に見てブラックではない会社を辞める場合、逆に何も言わずに退職するほうが後味が悪くなってしまいます。

なので、きちんと誠意を見せることが必要です。

 

ねこさん
バックレに及んでいいのは、会社側に問題があるときだけ!!