1年半続けた500円玉貯金を開封してみた!銀行での入金方法や貯金のコツも伝授するよ

 

 

オトメ

こんにちは、オトメです。

 

500円玉貯金を1年半ほど続けていたのですが、そろそろ引っ越す予定があるため、そのまま荷物に入れるのもなんだかなぁ…失くしたら嫌だしなぁ…ということで、開封することにしてみました!

 

 

いざ、500円玉貯金開封の儀!

貯金箱はキャン★ドゥで購入した10万円貯まるタイプのやつです。

途中で開封することができない、ガチの貯金箱です。

 

目盛りを見ると5万円あるようなないような感じですが、貯金額はいかほどなのでしょうか……。

数えていないため正確な額は自分でも把握できていません。

 

さて、開封していきましょう。

貯金箱裏の説明には、「ハンマーで開けてください」とありましたが、あいにく家にハンマーがないので代わりにその辺にあった缶切りを使用することにしました。

 

オラァ!!!!

と金具の部分をぶっ刺して力技でこじ開けていきます。

 

破片が飛び散る上に、開け口がいびつになって取り出しづらいのでお勧めはしません。

この手のプラスチックタイプは開けるの大変ですね……。

 

そして500円玉を取り出し、枚数を数えていきます。

とりあえず、80枚。これで4万円は確定です。

 

残った硬貨の数を数えていくと…

26枚!つまり1万3千円ですね。

トータルで4万円+1万3千円=5万3千円貯金できていました。硬貨枚数は106枚です。

 

500円玉貯金を銀行で入金するには?手数料は?

 

開封した次にやることと言えば、硬貨を銀行に納めることではないでしょうか。

確かに500円玉のままだと使いづらいですよね。

 

オトメ

ですが、私はこの貯金箱開封の直後にディズニーランドに行く予定があったので、パーク内で使う用の小銭として10枚(5000円分)はそのまま取っておくことにしました。

 

このように、ある程度は旅行や出先でのお小遣い用として使ってしまうのがいいかもしれないです。

さて、残り96枚。

引っ越し前に使いきれる予感もしないし、このまま現ナマで置いておくのも不安なので、銀行に納めにいきました。

このような山賊スタイルで布袋に詰めて銀行の支店へGO。

 

銀行で小銭を収める方法としては、

  • 窓口を利用する方法
  • ATMを利用する方法

がありますが、後者の方が楽なのでATMへ。

 

あとは通常通り、入金をすませるだけです。硬貨の枚数が多いと、カウントに時間がかかります。できるだけ銀行が混雑していない時間を選んで行くと安心ですね。

 

注意
硬貨での入金ができるのは、銀行内にあるATMだけです。コンビニや病院、駅ナカにあるATMでは小銭を入金できないので注意してください!

 

ちなみに私はメインバンクである三井住友銀行の支店ATMを利用しました。

 

500円玉貯金は意味ない?やってよかったこと・デメリット

 

さて、ここまでやっておいてなんですが、巷では「500円玉貯金は意味がない」などと言われています。

500円玉貯金に興味がある方のために、私が「やってよかった!」と感じたこととデメリットをお伝えしたいと思います。

 

500円玉貯金をやってよかったこと

  • 1年半で5万円近くお金が貯まった!
  • 達成感を味わえた
  • 口座貯金よりもモチベーションが上がる

 

これぐらいですかね!

なまじ貯金箱が透明なので、コツコツ溜まっていくのが目に見えるのは嬉しいです。

いざ貯金しようと思っても、口座ではお金が目に見えませんからね。

 

500円玉貯金のデメリット

  • 貯金箱を開封するときに危ない
  • 口座に入金するときの手間
  • 盗難のリスクあり

 

開封するとき、すごく勇気いるんですよね。

また、私は今回手数料がかかりませんでしたが、枚数が多いと入金の際に手数料を取られることもあります。ATMでも硬貨の投入枚数制限が100枚の銀行が多いため、貯めすぎると手間になります。

さらに、貯金箱ごと盗難にあったら……! 目も当てられませんね……。

 

それでも500円玉貯金、やってよかった!

それでも、私は500円玉貯金やってよかったかなと思います!

口座貯金だと、数字で目には見えますが、現物のお金が貯まっていく快感は味わえませんから!

 

これから500円玉貯金をする方は、以下のことを守れば安心して貯金できるでしょう。

 

  • 貯金箱を家の中の目立つところに置かない(万が一空き巣に入られたときに盗られないように)
  • 開封の時のケガには気を付けて!
  • 口座に入金するときのことを考え、100枚を目安に開封!

 

オトメ

それでは、楽しい500円玉貯金ライフを!